FC2ブログ

オアシスに向かって

趣味のバイクとか旅とか独り言など。アラフィフ男のお気楽ブログ。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

第51番 石手寺



第51番札所 石手寺

松山市の中心部に有り、道後温泉にも近い「お大師さん」として多くの参拝客が訪れる有名なお寺。


境内はとても広く国宝や重要文化財も多いので見所が豊富。

仏教的な独特な雰囲気を全体に醸し出しており、長く居ても飽きない。

観光客も多く仏教のテーマパークとでも言うような趣が有ります。

四国八十八ヶ所巡礼の中でもハイライト的でとても印象的なお寺さんでした。


石手寺01

大通りから見た正面入り口。

入る前からすでに独特な雰囲気がプンプン。

石手寺02



石手寺03

「渡らずの橋」と松がお遍路さんたちを迎えてくれます。

確かに渡れない。

石手寺04

回廊式の参道には提灯で51番石手寺とあります。

石手寺05

高さ25メートルもある三重塔。国の重要文化財。

石手寺06

阿弥陀堂はボケ防止のご利益が有るそうです。

壁には天女のような壁画が描かれており神秘的。

石手寺07



石手寺08

左下に「衛門三郎再生の石」。

石手寺09

合格祈願に訪れる方々も多いようです。

石手寺12

本堂と一際印象的な金色のオブジェ。

何なのかなあ?

石手寺11

福禄寿。長寿のご利益かな?

髭の仙人の石像が印象的でした。

石手寺10

小高い丘を切り開いて造られた境内はとても広く短時間では全てを見れなかったので、機会が有ればもう一度ゆっくりと訪れたいと思わせてくれるような雰囲気のあるお寺さんでした。


第50番札所に続く。


スポンサーサイト



【 2013/09/30 (Mon) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第52番 太山寺



第52番札所 太山寺

松山市郊外の海に近い山の麓に有るお寺。


太山寺01

大日如来と弘法大師の石像がお遍路さんたちを出迎えてくれます。

太山寺02



太山寺03

左右に水かけ地蔵と水向け観音が有ります。

ちょっと珍しい感じ。

太山寺04

石段を上ると仁王門が有ります。

国の重要文化財。

太山寺05

鎌倉時代に建てられた入母屋造りの本堂は、最大規模を誇り国宝に指定されています。

太山寺06



太山寺08

お釈迦様の仏足石。

ご利益を授かりたいものです。合掌。

太山寺07

第51番札所に続く。


【 2013/09/29 (Sun) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第53番 円明寺



第53番札所 円明寺

四国霊場最古の「銅板納札」が保存されていることでも有名なお寺。


ここから松山市周辺の2泊3日の巡礼の旅が始まりました。

愛媛県の人口は150万人。その県庁所在地である松山市は四国最大の都市です。


円明寺01

松山市郊外の海の方に近いところに位置します。

円明寺02



円明寺03

境内はコンパクトなのに、門をくぐってもまた二つ目の門が有りました。

円明寺04

立派な屋根瓦が印象的でした。

円明寺05

仏足跡は多くのお寺さんに有ります。

円明寺06



円明寺07



円明寺08

第52番札所に続く。




【 2013/09/28 (Sat) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

来島海峡大橋


瀬戸内海のしまなみ海道の来島海峡大橋。


今治方面巡礼の旅の帰りに立ち寄ってきました。

生憎の曇り空でしたが、大橋はバッチリと見る事が出来ました。

地元に有る瀬戸大橋もそうですが、大橋は雄大で人間の英知の塊のように感じます。


来島海峡大橋01

来島海峡大橋03

地元の瀬戸大橋もこれに負けてはいませんよ。

来島海峡大橋04

来島海峡大橋05

今治方面も見渡せます。

来島海峡大橋06

来島海峡大橋07

うーん、こういうところを走ると気持ち良さそうだけど目が回りそう。

来島海峡大橋08

絶景にしばしウットリ。

来島海峡大橋09

ハーレーに乗ったライダーさん達が爆音を靡かせながら本州から上陸してきました。

来島海峡大橋10

ほんの少し晴れ間が。

来島海峡大橋02

今度行く機会が有れば実際に橋を渡ってしまなみ海道の島々を探索してみたいと思います。


【 2013/09/27 (Fri) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)

第54番 延命寺



第54番札所 延命寺

かつては学問の道場として栄えたお寺。


延命寺01

かつては今治城の城門だったらしい山門。

延命寺03



延命寺04



延命寺05

重厚な雰囲気の本堂。

延命寺02



延命寺06

不動明王でしょうか。

延命寺07

これは何でしょうか?

お地蔵さんの周りを小さな子供たちが取り囲んでいます。

延命寺08

第53番札所に続く。

【 2013/09/26 (Thu) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第55番 南光坊


第55番札所 南光坊

瀬戸内海の大三島にある日本の総鎮守として有名な大山祇神社の別宮として建てられた。

このお寺さんだけが寺ではなく坊と名付けられている。


南光坊03

今治市の中心部に位置し、航海の安全祈願に信仰が厚い。

南光坊02

都市の中に有って大きくて綺麗な門が一際目を引きます。

南光坊05

見た目にも新しく迫力が有りました。

南光坊04



南光坊06

都市の真中とは思えない静けさ。

南光坊07



南光坊01

昭和の書道家である川村麒山の筆塚。

娘と一緒にお遍路さんをしている時に書いたそうです。

南光坊08

このお寺さんの真横には大山祇神社の別当寺が有ります。

参拝記念におみくじを引いたらラッキーにも「大吉」でした。


第54番札所に続く。


【 2013/09/25 (Wed) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

今治城


今治城。

1604年に城造りで知られている藤堂高虎によって築かれた。

海水を引き込んだ堀は全国的にも珍しいそうです。

当時は海から掘へ直接船で入る事が出来るなど、海事都市に相応しいお城。


今治城01

今治城02

とても美しい天守閣。

今治城03

今治城04

この日は、四国八十八ヵ所を数か所廻って最後に今治城に来ました。

夕暮れ時でしたが、とても綺麗なお城はかつての栄華を感じさせてくれました。

今治城05

今治城09

この構図が好きですね。

今治城07

今治城08

我ながらホワイトのPCX150と今治城の色合いがよくマッチして綺麗だなあと思いましたね。


第55番札所に続く。


【 2013/09/24 (Tue) 】 日本の城 | TB(0) | CM(2)

第56番 泰山寺



第56番札所 泰山寺

今治市郊外の田園地帯の中の住宅地に佇むお寺。


泰山寺01



泰山寺02

近くにある川が梅雨になると氾濫し「人取川」と呼んで恐れていた。

弘法大師は堤防を築き土砂加持の秘法を行ったとされるそうです。

泰山寺03



泰山寺05

境内はよく整備されていて新しく綺麗な感じ。

泰山寺04

車は生きる事の時間を意味し、 回りめぐるという輪廻思想らしい。

回すと徳が有りそう。

泰山寺06



泰山寺07

不動明王。

泰山寺08

この日は今にも雨が降ってきそうな感じも有りましたが、何とか降らずに持ちこたえてくれました。

第55番札所に続く。


【 2013/09/23 (Mon) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第57番 栄福寺



第57番札所 栄福寺

嵯峨天皇の勅願で建立された海陸の安全に信仰の厚いお寺。


栄福寺01

今治市は、造船と貿易港で有名な海事都市。

昔から海難事故が多く、それを救う為に弘法大師が祈願されたと言う。

栄福寺06

昭和初期に足の悪い少年が参拝すると治ったと言う。

その箱車が本堂に奉納されているらしい。

栄福寺07



栄福寺02



栄福寺03



栄福寺04

願い事を叶えてくれると言う「お願い地蔵尊」。

栄福寺05

第56番札所に続く。


【 2013/09/20 (Fri) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第58番 仙遊寺


第58番札所 仙遊寺

仙人伝説が残る「おされさん」の名で親しまれているお寺。

寺名の由来は、この地で40年間修業した後、消えてしまったという阿坊仙人から来ている。


標高はそれほど高くありませんが、境内までの参道にも見所が有り、何とも言えない雰囲気のある印象的なお寺さんでした。


仙遊寺11

森の静寂。とても雰囲気がいい感じです。

仙遊寺12

ここは参道の踊り場と言う感じのところですが、絵にしても良さそう。

仙遊寺07

うーん、素晴らしい。

この門がお遍路さんたちを迎えてくれます。

門の横の奥に有名な「加持水」の井戸が有ります。

この門から境内まではまだ少し距離が有ります。

仙遊寺03



仙遊寺04

歴史を感じさせる本堂。

仙遊寺01

修行大師像を中心に四国八十八ヶ所の本尊の石像が並んでいます。

仙遊寺02

弘法大師=空海。

仙遊寺05

密教浄土と書かれています。

仙遊寺08

場所は仁王門の横に有ります。

ご利益が有りそうなので、上の方から流れてくる水を少しだけ触らせてもらいました。

仙遊寺10

「お加持の井戸」はここから旧参道を更に登ったところに有るそうです。

仙遊寺09

この霊水は多くの人々を難病から救ったそうです。

仙遊寺06

標高300メートルの小高い山の上に有るので、見晴らしが良く今治の街を一望できます。


第57番札所に続く。


【 2013/09/19 (Thu) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(2)

第59番 国分寺



第59番札所 国分寺

聖武天皇の勅願により全国に建立された国分寺の一つ。


今回は一泊二日で今治方面に有るお寺さんを6ヶ所廻ってきました。

今治は造船とタオルで有名な四国で5番目に人口が多い市です。


国分寺01

石段を少し上がると境内です。

国分寺07



国分寺05

建立当時は高さ60メートルもある七十塔がそびえ繁栄していた大きなお寺だったそうです。

国分寺08



国分寺02

願い事を唱えながら大師と握手すると叶うらしいです。

しっかりと握手してきました。

国分寺03

祈りながら身体の部位を撫でると万病に効くらしいです。

目とか足とか頭とか書かれています。

国分寺04

とくとく弁天。

国分寺06

お伽噺にでも出てきそうな可愛らしい七福神でした。


第58番札所に続く。


【 2013/09/18 (Wed) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

黒瀬湖と愛媛県道12号


黒瀬湖

横峰寺に参拝した後、近くに大きな黒瀬ダム公園(黒瀬湖)が有りましたので立ち寄ってみました。


黒瀬湖03



黒瀬湖02

かなり古そうな橋を渡って林道を進むとダム公園が有ります。

黒瀬湖04

こういう橋を渡ってると平衡感覚を失うような感じで少し怖い。

黒瀬湖01

空が澄んでいてとても空気が綺麗なところでした。

黒瀬湖05

あまり有名ではないのか?マイボートを漕いでる人が少し居たぐらいでほぼ貸切状態でしたね。

黒瀬湖07



黒瀬湖08

愛車のPCX150は6月からの新相棒ですが、慣らし運転も終わって2000キロ近く走りました。

燃費は40キロぐらいでしょうか?

良く走ってくれています。

【 2013/09/17 (Tue) 】 スクーター | TB(0) | CM(0)

第60番 横峰寺


第60番札所 横峰寺

西日本の最高峰である石鎚山の中腹にあるお寺。

四国霊場で3番目の高地で山岳信仰の霊地。


横峰寺07

標高750メートル。

本堂へ行くには林道を通って行かねばなりません。

横峰寺08

小川のせせらぎが聞こえてきそうです。

横峰寺09

森の静寂の中に排気音だけが響き、自然との一体感を味わえます。

横峰寺10

すれ違うのも困難な狭い道も有ります。

クルマならコンパクトカーで行くのがベターですね。

横峰寺12



横峰寺11

四国八十八ヶ所巡礼は、林道や狭小道路も多いので、スクーターか小型バイクが一番適しているかもしれません。

横峰寺02

ここからは緑の中を本堂へと歩いて進んで行きます。

森林浴効果で気持ち良い。

横峰寺03

よく写真で見かける構図です。

冬はかなり寒く雪が積もるそうです。

横峰寺04



横峰寺05

美しい曲線美の本堂。

弘法大師がこの寺で厄除けと開運祈願の修業をされたそうです。

横峰寺06

星供大師。

横峰寺01

横峰寺の境内から見える景色。


第59番札所に続く。



【 2013/09/16 (Mon) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第61番 香園寺


第61番札所 香園寺

迫力の有る鉄筋コンクリートで出来た近代的な本堂が印象的な異色なお寺。


一見するととてもお寺さんには見えません。

建物は何か大きな宗教団体を想像させるかのように見えました。

でも子宝、安産祈願で有名なお寺だそうです。


香園寺07

圧倒されそうな大きさです。

香園寺04

ほんとに近代的な建物です。

香園寺05



香園寺02



香園寺03



香園寺06

「子安のお大師さん」として信仰も厚く有名らしい。

安産祈願に訪れる方々も多いそうです。

香園寺08

とても一本の木とは思えないような珍しい巨木がお寺の入口にありました。

タコを逆さにしたような感じで8本有るように見えます。

香園寺01


第60番札所に続く。


【 2013/09/13 (Fri) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第62番 宝寿寺


第62番札所 宝寿寺

安産の観音様としても信仰を集めているお寺。


宝寿寺01

一国一宮という四国八十八ヶ所で最古と言われる石の遍路標識。

かつては大山祇神社の別当寺としても栄えたらしい。

宝寿寺02



宝寿寺03

境内はこじんまりとしています。

宝寿寺04

凄く特徴的な顔の観世音菩薩が印象的でした。

穏やかと言うか変顔と言うか・・・。

安産のご利益が有るそうです。

PCX09121

愛車のPCX150。

長距離を走ってると純正シートではお尻がモゾモゾするので、今回の愛媛遠征時から、エンデュラス製のものに変えました。

お尻が安定して長距離でも快適です。オススメですよ。


第61番札所に続く。


【 2013/09/12 (Thu) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第63番 吉祥寺



第63番 吉祥寺

四国八十八か所の中で毘沙門天が本尊の唯一のお寺。


この地で光る檜を発見した弘法大師が、民衆の貧苦からの救済を願って開いたとされる。


吉祥寺01

国道11号線沿いの住宅地にあります。

吉祥寺04

境内はコンパクトな感じ。

吉祥寺05

この日はツアーバス利用のお遍路の団体さんが多かったです。

吉祥寺02



吉祥寺06

大師像の右側は「くぐり吉祥天女」。

人々に福と富をもたらすと伝えられているそうです。

吉祥寺03


第62番札所に続く。


【 2013/09/11 (Wed) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第64番 前神寺


第64番札所 前神寺

山岳信仰の霊地、石鎚山の麓に有る真言宗石鉄派の総本山。


毎年7月の山開きの時には信徒が数万人集まって石鎚山に登っているそうです。


前神寺01



前神寺02

大師堂にはお遍路さんが沢山居られました。

前神寺08

神社様式の本堂。

やはり日本建築は改めて美しいと感じました。

広々とした境内の奥に建っています。

前神寺03



前神寺04

金毘羅大権現。

前神寺07

御滝行場不動尊。

昔は滝打ちの修業が行われていたらしいです。

1円玉を投げて貼り付けばご利益が有るそうです。

前神寺05

各お寺さんによって色んな弘法大師の石像が有るものです。

前神寺06


第63番札所に続く。

【 2013/09/10 (Tue) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第65番 三角寺



第65番札所 三角寺

標高450メートルの三角寺山の中腹に立つお寺。


私の四国八十八ヶ所巡礼の旅も香川、徳島と廻り後半に入りました。

愛媛県は「菩提の道場」。

香川から行くには逆打ちする行程の方が近くから廻れるので、愛媛の旅はここから始まりました。



三角寺02

結構長い石段は体力勝負です。

三角寺03

時代を感じさせる立派な門。

三角寺05

大きな石には小林一茶の俳句が刻まれておりました。

三角寺06

何となく後光が差しているような。

天井の模様が美しい造形美。

三角寺04

この寺の名前の由来にもなった三角の池と弁財天。

三角寺07



三角寺08

同行二人、心強い。

三角寺01


第64番札所に続く。


【 2013/09/09 (Mon) 】 愛媛県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

徳島県の霊場を廻ってみて



4月から始めた私の四国八十八か所巡礼の旅(スクーターで区切り打ち)も、発心の道場=徳島を廻り終え半分が終わりました。

スクーターでのツーリング県外遠征は、人生初めての経験でしたが、想像以上に楽しく無事に進んでおります。

ついつい気持ち良くて飛ばしてしまう事も有りますが、今後も安全運転を心がけて行きたいと思っております。


徳島03


私は順不同で区切り打ちをしていますので、香川の霊場を先に廻りましたが、1番札所の霊山寺を訪れた時は、ここから始まるんだなあと言う清々しい気持ちでいっぱいになりました。

一泊二日の旅を3回する事で徳島の霊場は無理無く全て廻る事が出来ました。

宿はビジネスホテルを利用しています。

四国は物価も少し安いので料金も比較的リーズナブル。

ルートやスケジュールやホテル、旅のプランニングをしている時も楽しいですね。

今となっては色んな事がとても懐かしく思い出されます。


徳島05

徳島04

徳島02


徳島県をスクーターで廻ってみて一番思った事は、香川県との地形、道路事情の違いでした。

地元である香川県は、面積は狭いですが平野が広く、道路も縦横無尽に数多く走っていますので、中心部でも比較的渋滞も少なく快適です。

それに比べ徳島県は、面積は広いけど南北に山が深く有り、その間に吉野川と両側に平野が有るという地形なので意外と渋滞が激しいと感じました。

でも海沿いや山間部はクルマも少ないので、スクーターで走っていると心地良かったですね。


徳島01


愛車のPCX150は燃費も良く、意外とパワーも有って、軽快に走ってくれています。

取り回しも良いし、小回りも利くので、運転し易いです。

無限のマフラー音も心地良い響きで気持ち良いですね。


次に遠征する愛媛や高知は、どのような地形、道が待っているのか?

また、どのような霊場が有るのか?今から楽しみでワクワクします。

これからも好奇心と清い気持ちで旅を続けて行きたいと思います。





【 2013/09/06 (Fri) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(0)

第23番 薬王寺


第23番札所 薬王寺

徳島「発心の道場」の最後の寺。厄除けのお寺としても全国的に有名。


阿波徳島の霊場の最後を飾るのに相応しい場所だと思いました。


薬王寺01

新しく再建されたのか?綺麗な門が迎えてくれます。

薬王寺08

遠くからでも一際目立つ瑜祇塔。

薬王寺のシンボルです。

薬王寺02

心地良い海風が吹いてきて涼しかったです。

薬王寺04

本堂まで辿り着くのに、33段の女厄坂と42段の男厄坂が有ります。

石段の一つ一つにお賽銭が置かれています。

薬王寺05



薬王寺06



薬王寺07

気の棒で歳の数だけ鳴らすとご利益が有るそうなのでやってみました。

薬王寺03

薬王寺から見える日和佐城です。


私の巡礼の旅は、愛媛、高知へと続いていく予定です。




【 2013/09/05 (Thu) 】 徳島県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

日和佐城


日和佐城


次に行く第23番札所薬王寺の近くに有りますので、ちょっと寄り道してきました。

天正(1500年代の初め頃)、日和佐の豪族日和佐肥前守が、阿波の南部侵入を目指す土佐の長宗我部勢を防ぐためにこの地に城を築いたと伝えられているそうです。


日和佐城11

海辺の小高い丘の上に有ります。

日和佐城01



日和佐城07

残っているのは天守閣だけらしい。

日和佐城06

春になると桜が綺麗で訪れる人も多いようです。

日和佐城03

天守閣から見た風景。

遠くに薬王寺が見えます。

日和佐城02



日和佐城04

海と山に囲まれた長閑な場所。

日和佐城05

日和佐はウミガメの産卵でも有名な場所です。


第23番札所に続く。




【 2013/09/04 (Wed) 】 日本の城 | TB(0) | CM(0)

第22番 平等寺


第22番札所 平等寺

「弘法の霊水」により人々が平等に救済されるようにと名付けられたお寺。


この日は早起きして結構早くに出かけたのですが、爽やかに晴れ渡り涼しくて気持ちの良い夏の朝でした。


平等寺01

小さな山の麓に有りローカルな雰囲気。

平等寺02



平等寺06

本堂へ続く石段は男の厄年と同じで42段有ります。

石段の一つ一つにお賽銭が置かれており、厄除けのご利益が有るそうです。

平等寺07

階段を上ると本堂が有ります。

平等寺03



平等寺04

弘法大師像の左後ろの方に「弘法の霊水」である白水の井戸が見えます。

井戸は枯れる事無く「開運の霊水」としても信仰されているようです。

平等寺05



平等寺08

石段を登って本堂から見た景色。長閑な場所です。


第23番札所に続く。




【 2013/09/03 (Tue) 】 徳島県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)

第21番 太龍寺


第21番札所 太龍寺

標高600メートルの山頂に有る「阿波の三難所」の内のひとつのお寺。

若き日の弘法大師(空海)が虚空蔵菩薩に願って修行をしたことでも有名。

今も真言を何万回と唱える荒行を修めに来る修行僧も多いらしく、私が行った時にも壮絶な苦行をしている僧侶が居るとの事でした。

合掌。


香川県の霊場にもロープウェイで行く雲辺寺が有りますが、ここのロープウェイは更に乗ってる時間も長く、雄大な景色が一望できます。


太龍寺01

100人も乗れる頑丈なロープウェイ。

太龍寺02

絶景の那賀川を見下ろします。

太龍寺09

高所恐怖症の人はちょっとだけ怖いかもです。

太龍寺11

断崖絶壁に薄っすらと弘法大師の像が見えます。

修行僧は毎晩ここまで暗い道を歩いて行くそうです。

まさに苦行、凄過ぎる。

太龍寺05



太龍寺10

境内は広々としていて、標高が高いので涼しくて気持ち良いです。

太龍寺12


太龍寺06

太龍寺の提灯が印象的な本堂。

太龍寺07

紫陽花を見ながら少し歩くと太子堂が有ります。

太龍寺08

有り難いお言葉を胸に刻んで次に進んで行きたいと思います。


第22番札所に続く。


【 2013/09/01 (Sun) 】 徳島県の霊場(完) | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

オノデーラ50

Author:オノデーラ50

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック