FC2ブログ

オアシスに向かって

趣味のバイクとか旅とか独り言など。アラフィフ男のお気楽ブログ。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

四国別格二十霊場の総括



昨年4月から区切り打ちで四国八十八ヵ所巡礼のバイク旅を始め、10月に結願する事が出来ました。

その後昨年11月からゆっくりと四国別格二十霊場を廻り始め、今月17日に結願する事が出来ました。


別格二十霊場については、当初は廻る予定はなかったのですが、たまたま帰り道バイクで走ってると

別格13番霊場の仙龍寺の前を通りがかりました。

その時、山中の崖の上に佇み凄く神秘的な雰囲気が有り惹かれたのと人間の煩悩の数と同じ108に

なるという事に興味を持ち廻ってみようと思いました。


別格二十霊場03

別格二十霊場04

バイクで巡礼の旅をしていると、お寺さんは山奥の上の方に有る事も多いので色んな自然に触れる事が出来ます。

紅葉や新鮮な空気に癒されたり、思いがけない動物に遭遇したり、皆同じ地球の一員であり「生かされているんだ」

という事を感じさせられます。

タヌキやキジ(一瞬クジャク?かと思った)も居たし、トンビも飛んでおりました。

そして何よりサルが四国の山にも住んで居た事はちょっとした驚きでもありましたね。


別格二十霊場05

実際に合計108カ所のお寺さんを約一年ちょっとで廻った事になります。

とても有意義な経験だったし、新鮮で楽しかったですね。

そして、バイク(二輪)に乗って自然と一体化し、仏教の世界に触れる事によって、学ぶ事も多かったし、

良い意味で物事の価値観も少し変わったという事はとても大きな収穫でした。


また、10年後にはもう一度廻ってみたいと思います。

今は自分の中で一つの大きな事を達成したという喜びと、安堵感に浸っております。

今後も色んな事にアンテナを張って「日本再発見」の旅を続けて行きたいなと思っています。

今年は、弘法大師が四国八十八ヵ所を開創して1200年と言うメモリアルイヤーです。

私は今年中に聖地である「高野山」へお礼参りに行きたいと思います。

合掌。


スポンサーサイト



【 2014/05/23 (Fri) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(4)

お遍路サロン


遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


数日間の海外旅行から帰ってきたばかりでまだ少し疲れが残っておりますが、充分にリフレッシュできました。

もう何回も行ってるところなので多くは取り上げませんが、タイは相変わらずと言う感じでしたね。

少しづつは発展しているのでしょうが、未だ政治的なデモを副首相が先導して政権を奪還しようとするような国です。

これではいつまで経っても先進国入りは難しいと言わざるを得ません。

その分逆に古き良きところも残っているとも言えるのですが・・・。



今回は年末に行ったお遍路サロンの様子をご紹介いたします。

87番長尾寺と88番大窪寺の中間に位置するお遍路ミュージアムのようなところです。

結願する前に立ち寄られる方も多いかもしれません。


お遍路サロン10

お遍路サロン01

入口を入るとすぐ右手側のところに有ります。

お遍路サロン03

歴史を感じさせる昔の納札です。

お遍路サロン04

菅直人氏もお遍路をされた事は有名ですね。

記念の色紙が飾られていました。

まだまだ修行が足りなかったのかも??

お遍路サロン05

一番右側の錦の納札は、100回以上の巡礼者が使用出来るものです。

凄いの一言。

お遍路サロン06

お遍路サロン07

お遍路サロン08

四国の地形の大きな模型が展示されています。

眺めていると八十八ヶ所の思い出が蘇りますね。

お遍路サロン02

お遍路サロン09

県道3号線の両サイドに「お遍路サロン」と向かい側に「道の駅ながお」が有ります。

色んなものが展示されていますので、興味のある方は是非立ち寄ってみてくださいね。


【 2014/01/06 (Mon) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(2)

四国八十八ヶ所巡礼のバイク旅の総括



総括01


4月から始めた私の人生初の四国八十八ヶ所巡礼のバイク旅も、この10月に無事に結願する事が出来ました。
区切り打ちで県内は日帰りを数回、県外遠征は、徳島3泊、愛媛4泊、高知4泊の合計11泊しました。名所にも時折立ち寄りながら、比較的余裕をもって廻る事が出来ました。

行ったり来たりの旅だったので合計で約3,500キロぐらい走りました。お陰様で運転技術はかなり向上したように思います。
クルマとは違い、大自然との一体感を味わえたし、運転中にヒヤッとする事も有る中で何より「人は皆生かされているんだなあ」という事を強く感じた旅でした。
(ちなみに通しの歩き遍路の道程は約1,300キロ、成功率は30%以下だそうです)


総括02



まず振り返って思う事は、「やってみて良かった」ですし、自信を持って周りの人達にもお勧めする事が出来るものだったと言う事です。
四国在住者にとって「お遍路」と言うのは他県の方々よりは身近なものだと思います。幼いころから普通に暮らしていく日常の中でよく眼にしてきた事だし、私の親戚や知人も経験者は多いです。中にはクルマの中に納経帳を常に積んでいてドライブがてらに立ち寄ったら朱印をもらうという人も居たりするぐらいです。


私のきっかけは、飽き飽きしていた日常に変化を求め「スクーターを趣味として復活させよう」という事、そして知命の歳に際し「これまでの人生を振り返り、巡礼の旅をして自分と向き合ってみよう」と言う事でした。
また、私の周りではサラリーマン時代の元同僚の死、親戚や有名人の50代での死が有ったりとかで、人生観や死生観というものを考えたりしている時期でもありました。
それでも初めのうちは、週末に県内の霊場を軽く1,2カ所廻る程度でしたが、徐々に嵌って行き、県外遠征する頃にはバイクで走る楽しさと心の中の清々しさを感じ、とても充実した日々を過ごすようになりました。


よく巷では四国八十八ヶ所巡礼の旅をすると嵌ると言われたりします。その気持ちが何となく解るような気がします。それは「清々しさ」であったり「純心」という言葉が当てはまるように思います。色でいえば透明とか純白と言う事でしょうか。
初心者の私がこんな事を言うと、歩き遍路さんとか錦の札を持った100回以上の巡礼者の方々に怒られてしまいそうですが、要は実行する事に意義が有るし、心の持ち様次第ではないかと思います。


お陰様でバイク、写真と言う新たな趣味も自分の中に定着してきました。
また、物事に対する価値観も少し変わった部分も有りました。
そして何より最も有意義だったのは、仏教の教えに触れ考えてみる事が出来たという事です。
この半年間は四国遍路と仏教や禅に関する本を数冊読みました。遥か昔から我々日本人が信仰してきた宗教ですから、とても心に響きました。
「少欲知足」、「利他の心」、「生々流転」などなど。
現代の日本人が劣化してきているというのも信仰心が薄くなったからだという宗教学者も居ます。まさにその通りかもしれません。


この後はお礼参りに行くのが基本です。
輪を繋ぐ為に1番札所に行くと言う人も居れば、聖地である高野山に行くと言う人も居ます。
私はやはりバイクで行きたいので、来春以降に暖かくなってきたら高野山に行こうと考えています。


そして、10年後にももう一度は廻ってみたいと思います。
その時は、街並みや景色も変わっているだろうし、また感じる事も異なるのだろうと思います。
(と言いながら何回も行ってたりして・・・?)


最後になりましたが、巡礼の旅の県外遠征最後の43番札所の駐車場での事。
参拝を終えて広々とした駐車場に戻った時の事です。
確か左端に止めたはずのバイクが右端に有るではないですか?
あれ?変だなあと思ってよく見ると、左右対称のように私のバイクと色も形も全く同じものが右端に止まっていました。
これも何かのご縁?人が居たので声を掛けると、徳島から来た70歳ぐらいの叔父さんでした。
八十八ヶ所巡礼は3回目との事。
私の20年後の姿を見ている様でとても不思議な気持ちになりましたとさ。





ブログにご訪問頂いた方々へ
拍手やコメントなど頂き「ありがとうございました」
これで当初の目的は達成されましたので、このブログは一端整理終了する事にしたいと思います。
「私の四国八十八ヶ所巡礼のバイク旅」の記録という事で残しておきたいと思います。


時日が過ぎるのは早いもので今年も残り一月半になりました。
この半年間で充分にリフレッシュ出来たし一区切りついたので、ブログは少し休んで、現実の中ではまた新たな夢や目標を見出しながら徒然なるままにやって行こうと思っています。


この後興味を持って四国遍路されるという方が居られて、このブログが何らかの参考になるならば嬉しい限りです。



私が読んだ本で出版日はもう12年前になるのですが、良い本が有りましたのでご紹介させていただきます。
元新聞記者でジャーナリストだった著者の定年後の経験談です。

四国遍路 (岩波新書)四国遍路 (岩波新書)
(2001/04/20)
辰濃 和男

商品詳細を見る



【 2013/11/17 (Sun) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(0)

高知県の霊場を廻ってみて


高知県の霊場=修行の道場は、9月下旬から10月中旬にかけて廻りました。

他県に比べて霊場の数は16カ所と最も少ないのに、総距離は全体の1/3にもなるんだそうです。

とにかく高知は広く雄大だったというのが印象に深く残っています。


高知霊場01

高知と言えばやっぱり太平洋。

ひたすら長い長い海岸線を突っ走ったという感じです。

順打ちの本来のコースであれば、発心の道場=徳島の次に訪れるのですが、私の場合は最後に廻ったので、修行の道場と言われる厳しさをより強く感じたかもしれません。

寺から寺への距離も長いし、霊場の石段も多く体力的には一番消耗したと思います。


高知霊場03

高知霊場02

高知は弘法大師=空海にまつわる場所や他の歴史的な場所や物にもたくさん触れる事が出来、有意義な時間を過ごす事が出来たように思います。

また観光地としての見所も豊富でとても魅力的な県でした。


高知霊場03

高知霊場04

高知霊場05

高知霊場08


私の四国八十八カ所の旅も南国土佐を後にして、残りわずかとなってきました。

この後はまだ行けてなかった愛媛の40番から43番と廻り、後日改めて最後に地元香川の88番結願寺に向かっていきます。


【 2013/11/09 (Sat) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(0)

愛媛県の霊場を廻ってみて



愛媛県の霊場=菩提の道場は、8月から9月にかけて廻りました。

これで四国八十八か所霊場の約75%を廻り終えた事になります。(40番から43番は、この後に行く高知県のシリーズの続きとして廻る事にしています)

スクーターで走っていると、同じ四国でも県によって地形や道路、気候まで異なるという事を不思議に感じたりもします。


愛媛県霊場03


愛媛県は、四国で一番人口も多いし、面積もかなり広いので雄大さとか山の深さと言うものを感じます。

山間のワインディングロードは、本州とは違って渋滞も殆ど無いので気持良いですね。


愛媛県霊場02

愛媛県霊場01


私の初めての四国八十八ヵ所巡礼の旅は、同じ四国でも過去に行った事のない場所も多く、「こんな所も有ったのか」と言う驚きと新たな発見の連続で、とても新鮮で有意義に進んでおります。


愛媛県霊場05

愛媛県霊場04


お遍路さんで団体さんを除いて一番多く見られるのが、やはり中高年の方々です。

夫婦連れとか母親と独身と思われる30代の娘連れとかが多いですね。

一人で来ている男性やライダーさんも時々見かけます。

皆さん、それぞれの考えや思いが有っての旅なのでしょう。

頑張って無事に廻りきりましょう!!


愛媛県霊場07


私の巡礼の旅もいよいよクライマックスへと進み、次は高知県=修行の道場へと続いて行きます。


【 2013/10/11 (Fri) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(0)

徳島県の霊場を廻ってみて



4月から始めた私の四国八十八か所巡礼の旅(スクーターで区切り打ち)も、発心の道場=徳島を廻り終え半分が終わりました。

スクーターでのツーリング県外遠征は、人生初めての経験でしたが、想像以上に楽しく無事に進んでおります。

ついつい気持ち良くて飛ばしてしまう事も有りますが、今後も安全運転を心がけて行きたいと思っております。


徳島03


私は順不同で区切り打ちをしていますので、香川の霊場を先に廻りましたが、1番札所の霊山寺を訪れた時は、ここから始まるんだなあと言う清々しい気持ちでいっぱいになりました。

一泊二日の旅を3回する事で徳島の霊場は無理無く全て廻る事が出来ました。

宿はビジネスホテルを利用しています。

四国は物価も少し安いので料金も比較的リーズナブル。

ルートやスケジュールやホテル、旅のプランニングをしている時も楽しいですね。

今となっては色んな事がとても懐かしく思い出されます。


徳島05

徳島04

徳島02


徳島県をスクーターで廻ってみて一番思った事は、香川県との地形、道路事情の違いでした。

地元である香川県は、面積は狭いですが平野が広く、道路も縦横無尽に数多く走っていますので、中心部でも比較的渋滞も少なく快適です。

それに比べ徳島県は、面積は広いけど南北に山が深く有り、その間に吉野川と両側に平野が有るという地形なので意外と渋滞が激しいと感じました。

でも海沿いや山間部はクルマも少ないので、スクーターで走っていると心地良かったですね。


徳島01


愛車のPCX150は燃費も良く、意外とパワーも有って、軽快に走ってくれています。

取り回しも良いし、小回りも利くので、運転し易いです。

無限のマフラー音も心地良い響きで気持ち良いですね。


次に遠征する愛媛や高知は、どのような地形、道が待っているのか?

また、どのような霊場が有るのか?今から楽しみでワクワクします。

これからも好奇心と清い気持ちで旅を続けて行きたいと思います。





【 2013/09/06 (Fri) 】 四国八十八ヶ所関連 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

オノデーラ50

Author:オノデーラ50

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック