FC2ブログ

オアシスに向かって

趣味のバイクとか旅とか独り言など。アラフィフ男のお気楽ブログ。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

柴又帝釈天


東京下町散策その3

帝釈天題経寺(東京都葛飾区柴又)

日本映画の名作である「男はつらいよ」の舞台として知られるお寺で題経寺と言う。

一般に帝釈天として親しまれているのは、住職の日敬が本堂修復の際に発見した日蓮上人が
彫ったと伝わる帝釈天像を背負い、飢餓に苦しむ江戸の町を巡ったことに由来するそうです。


帝釈天02

「柴又帝釈天」という大きな石碑が有り印象的な門です。

帝釈天03

十数年前に東京で勤めていた頃、仕事の関係でこの辺りは何度か訪れていたのでとても懐かしかったです。

帝釈天08

GWという事も有り多くの参拝客で賑わっておりました。

帝釈天07

龍の如く天に向かって伸びる瑞龍松。

帝釈天06

子供たち三人が支えている物は何でしょうか?

帝釈天04

帝釈天10

帝釈天の裏の方には「柴又公園」と「矢切りの渡し」が有ります。

帝釈天09

江戸川を小さな観光船が進んでいました。

帝釈天11

この辺りは東京の中でも比較的長閑な感じで住環境も良さそうです。

良いお天気だったので、気持ち良さそうにウォーキングやサイクリングを楽しんでいる方々も多かったですね。


スポンサーサイト



【 2014/05/10 (Sat) 】 日本の寺 | TB(0) | CM(0)

西新井大師

東京下町散策その2

西新井大師(東京都足立区西新井1丁目)

弘法大師が関東巡錫の途中、西新井を通った際に本尊である観音菩薩の霊託を聞き、
本尊の十一面観音を彫り寺院を建立したことに始まる。

境内には弘法大師によってもたらされたとされる加持水の井戸がある。
この井戸が本堂の西側に所在することが当地の地名である西新井の名の由来とされているそうです。


西新井大師08

重厚感の有る門。

西新井大師09

境内には屋台がたくさん出ており、昔ながらの光景が目に入ってきます。

西新井大師10

「西新井大師」は通称であり寺名は「總持寺」と言うらしいです。知らなかった。

西新井大師01

この日は和太鼓のイベントも有り、多くの参拝客で賑わっておりました。

西新井大師02

弘法大師像。

西新井大師04

ここは関東の高野と称されるそうです。

弘法大師は広く日本に大きな影響をもたらしているんだなあと、改めてその偉大さに感心させられました。

西新井大師03

西新井大師05

境内には小さな日本庭園が有りました。

滝に鯉、日本の風情を感じ癒されました。

西新井大師07

おみくじが有ったので、おもむろに箱を手に取り8回振って出てきた数字は何と8番。

直感的に「これは大吉だ!」と思ったら、やはり大吉でした。

これは何とも縁起が良い。ラッキー!

こんなことが有るんですね。

ちょっと不思議な気持ち。

西新井大師06

東京で弘法大師と所縁のある場所を調べていたら、下町の有名なこの地を知り、参拝してきました。

南無大師遍照金剛。合掌。


東京下町散策その3に続く。

【 2014/05/08 (Thu) 】 日本の寺 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

オノデーラ50

Author:オノデーラ50

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック