FC2ブログ

オアシスに向かって

趣味のバイクとか旅とか独り言など。アラフィフ男のお気楽ブログ。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

瀬戸大橋記念館



瀬戸大橋記念館(香川県坂出市番の州緑町)

世界最大級の道路鉄道併用橋である瀬戸大橋完成を記念して整備された施設。

瀬戸大橋建設の過程や架橋工事・架橋技術を映像や模型などが紹介されています。

瀬戸大橋を一望できる名所としても有名です。


今年は明日からGWも後半。日の繋がりがあまり良くないので海外旅行は少し減ったとか。

私は国内旅に出かけますので、また帰ってきたらアップしたいと思います。


瀬戸大橋記念館01

1988年4月供用開始。

「四国の玄関」香川県へようこそ!

瀬戸大橋記念館02

よく晴れたのでとても見晴らしが良かったです。

でも最近は、ここ瀬戸内海も「pm2.5」の影響なのか?少し霞む日も有るようです。

瀬戸大橋記念館03

讃岐の方言で頭のことを「どたま」と言います。

この獅子頭は、獅子の中の頭領という意味から「どだま獅子」と名付けられました。

どだま獅子は、瀬戸大橋の守り神となることを願い、架橋の橋脚となった島々をはじめ、
瀬戸内海周辺の石を集め、積み重ね彫刻を加え て制作されたものだそうです。

瀬戸大橋記念館05

瀬戸大橋記念館04

瀬戸大橋記念館。

瀬戸大橋記念館09

瀬戸大橋記念館08

瀬戸大橋が開通するまでは連絡船(フェリー)しかありませんでした。

私が大学生の時はまだ橋が無かったので、岡山まで出るのに必ず使っておりました。

当時は東京からの帰郷時に船内のうどんを食べると「四国に帰って来たなあ」と懐かしく思ったものです。

瀬戸大橋記念館10

館内は歴史的、技術的な物が数多く展示されており楽しめます。

瀬戸大橋記念館06

瀬戸大橋記念館07

瀬戸大橋は地元なので見慣れた風景ですが、お天気が良かったので陽気に誘われるようにして

久しぶりに立ち寄ってみました。

時の流れ、時代の移り変わりを感じた一日でした。


スポンサーサイト



【 2014/05/02 (Fri) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)

マイントピア別子



マイントピア別子.東平ゾーン(愛媛県新居浜市)

昨日は久しぶりの晴天だったので、お隣県の新居浜市に位置する「別子銅山跡」に行ってきました。

いよいよバイクシーズン到来と言った感じで、走っていると多くのバイク、自転車ライダーさんを見かけました。

暑くも寒くも無い丁度良い気温で爽快でした。


マイントピア別子02

東平ゾーンは、細い山道を5キロほど進んで行きます。

駐車場横の山は、春らしい木々の表情がとても美しかったです。

マイントピア別子06

オー!!これが「東洋のマチュピチュ」かー!

確かに雰囲気は充分に有りました。

ここは愛媛県の代表的な観光地の一つでもあります。

マイントピア別子07

マイントピア別子05

こんな山深いところに色んな施設を良く作ったもんだ。

道路、橋、ダム、建物などの建造物を見る度に、人間の持つ英知と言うかパワーは凄いなと感じますね。

マイントピア別子04

マイントピア別子03

最盛期には、5,000人もの人たちが暮らしていたんですね。

当時は学校、娯楽施設なども有ったようです。

マイントピア別子08

こういう時代が有ったからこそ今の繁栄した日本が有る。

先人たちに感謝感謝です。

マイントピア別子09

マイントピア別子10

東平歴史資料館内の様子。

マイントピア別子11

マイントピア別子12

当時の運搬の様子。

マイントピア別子01

今日の「住友グループ」の礎となった別子銅山は、かつて世界一の産銅量を誇っていたそうです。

工業都市新居浜の歴史を感じた一日でした。


【 2014/04/27 (Sun) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(2)

眉山


眉山(徳島県徳島市)

徳島市のシンボル的存在として親しまれ、どの方向から眺めても眉の姿に見える事がその名の由来。

徳島市の中心部に有り、ロープウェイでも登れるし、車で登っていく事も出来ます。



今回から写真を少し大きくしてみました。このぐらいの方が見映えも良さそう。

眉山08

5分ほど登って行くと大きな駐車場が有ります。そこから50メートルほど歩くと頂上です。

うーん、春らしい良い眺めだ。

眉山02

桜が咲き誇る様子はとても美しかったです。

眉山03

都市の中心部でこんな大自然に触れられるなんて、ちょっと得したような気分になりました。

眉山01

眉山04

頂上には展望台が有り、徳島市内を一望できます。

眉山05

眉山07

一級河川である吉野川。

眉山06

眉山は映画(2007年)でも有名。

原作は「さだまさし」のベストセラー小説。主役の母娘を宮本信子と松嶋菜々子、医師・寺澤を大沢たかおが演じ、家族や恋人、故郷の大切さをうたった感動ドラマ。

未だ見てないので今度DVDでも借りて見てみよう。

休日の過ごし方の一つとして映画やドラマのロケ地巡りと言うのも面白そうかもですね。


【 2014/04/15 (Tue) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)

不動の滝と桜



不動の滝(香川県三豊市)


弘法大師が七つの宝を埋めたという伝説がある七宝山の西南部の山懐にある滝。

この滝の名の由来は、弘法大師が修行の際この岩に不動の像を刻んだ事だそうです。


不動の滝06

滝の周りはカントリーパークになっていて桜の名所でもあります。

不動の滝01

山頂の水を集め50m の絶壁を水煙をあげながら水が流れ落ちています。

水量はあまり多く有りませんが、なかなかの風情です。

不動の滝03

不動の滝02

ここは「さぬき百景」のひとつに選定されています。

不動の滝05

これぞ日本の美と言う感じで、このカットは私のお気に入りです。

不動の滝07

この日は雲行きが怪しかったので、近場の名所までスクーターを走らせてみました。

「さぬき百景」は地元なのでいつでも行けるし、未だ行った事が無い場所も結構有るので、今後少しづつ訪れてみようと思います。

地元探訪も新発見も有ったりするので、意外と冒険心を満たしてくれますね。


【 2014/04/11 (Fri) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)

四国カルスト天狗高原

南予(愛媛県南部)と高知県境ツーリングその1

四国カルスト天狗高原(標高約1,400メートル)


3/21から3/23の三連休は少し春らしくなってきたので二泊三日で南予にツーリングに行ってきました。

泊まったのは「伊予の小京都」と言われ「うかい」でも有名な大洲市のビジネスホテル。

昨年四国八十八ヶ所巡礼のバイク旅をした時に街の雰囲気が気に入ったので。


四国カルスト11

天狗高原の天狗荘の駐車場で、大阪から来たと言うハーレー乗りのNさんの愛車と記念に一枚。

彼は野宿しているという事で大きな荷物を積んでおりました。

私の2台目の相棒スカイウェイブ400は奥の方です。

しばし歓談。

でもこの先にある肝心のカルストを走る道が、なななんと積雪の為通行止めらしい。

ヒヤヒヤ、スリルを味わいながら苦労して登ってきたのにガッカリ。残念。

他にも数人のライダーさんを見かけましたが、皆さん次回にリベンジしましょう。

「Nさん、その後お元気ですか?」

四国カルスト06

こうやって山頂から見ると、よく登ってきたもんだと思いますね。

途中の道で少しだけアイスバーンも有ったりで、一瞬ヒヤッとしました。

四国カルスト05

山頂は平野部に比べて気温も5度以上低かったし、雪も未だかなり残っていました。

前日の爆弾低気圧が無かったら良かったのに・・・。

とにかく今回は改めて春先の山や大自然を舐めてはいけないと良い教訓になりました。

四国カルスト10

何とかカルストの雰囲気だけは写真に収める事が出来ました。

四国カルスト02

四国カルスト03

浸食作用で地表に露出した石灰岩が点在しています。

県立自然公園として指定されており、牛の放牧地帯としても有名で、牧歌的な雰囲気が有るそうです。

もう少し暖かくなったらリベンジしに行くぞー!!

四国カルスト09

四国カルスト08

四国カルスト01

真っ青な空に澄みきった空気。

超気持ち良かったです。

四国カルスト32

誰が造ったのか?休憩所のテーブルの上に雪だるまが。

憎き前日の爆弾低気圧。

でもこれを見てると何だかガッカリした気持ちがホンワカした気持ちに変わって凄く癒されました。

作成者さん、ありがとう!


【 2014/03/30 (Sun) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)

大鳴門橋と鳴門スカイライン



大鳴門橋と鳴門スカイライン(徳島県鳴門市)

大鳴門橋は、兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋です。

本州と繋がる橋は、他に来島海峡大橋(愛媛県)と瀬戸大橋(香川県)が有ります。


昨年スクーターで行った鳴門スカイライン。

鳴門と言えば渦潮が有名ですが、周辺はとても風光明媚なところです。

ドライブコースとしても人気が有ります。


鳴門08

絶好の場所で愛車と記念に1枚パチリと。

鳴門07

1985年(昭和60年)6月8日に開通。

鳴門32

ライダーには取って置きのコースですよ。

うーん、爽快だ!

鳴門31

美しい瀬戸内海の風景。

鳴門05

堀越海峡。

鳴門04

瀬戸内海国立公園。

鳴門06

鳴門01

鳴門は、スカイライン、渦潮の他にも、大塚製薬の国際美術館とかリゾート施設なんかも有ってお気に入りの場所の一つです。


【 2014/01/16 (Thu) 】 四国の名所 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

オノデーラ50

Author:オノデーラ50

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック